BIGLOBE WiMAX 2の主な評判

BIGLOBEのWiMAX事業に関する評判は色々聞きますが、大きく分けて以下の3つに分けられます。

  • 利用料金が安くて済む
  • 大手プロバイダの安心感がある
  • 解約手続きが楽

この3つの評判を私も自信がBIGLOBEでWiMAXを利用した体験(AtermWM3500Rから約4年使っています)や、自分自身が某ネット回線の営業をしていた時代に聞いた話し等をベースに検証していきます。

まずは今月のキャンペーン内容を確認したいという方はこちらにまとめました。

<BIGLOBE WiMAX2の現在のキャンペーン内容>


9月のキャンペーン対象機種は、220Mbpsに対応したSpeed Wi-Fi NEXT W01、WX01の他、220Mbps非対応のNAD11、HWD15です。

検証1:利用料金が安くて済むのか?

WiMAX2の利用を考えている方が最も気になる事が利用料金と、申し込む際のキャンペーン特典だと思います。
まずは、WiMAX2をBIGLOBEから申し込んだ場合のキャンペーン特典をまとめてみました。

<BIGLOBE WiMAX2の利用料金とキャンペーン特典>

kyanpe-n
1、24,000円キャッシュバック
2、データ端末(Wi-Fiルーター)が無料
3、月額料金4,405円が3,695円(契約した月は月額無料)
4、au スマートバリュー適用可能
※auのスマートフォンと同時に利用すると月額が980円下がる。

キャンペーン詳細はBIGLOBEの公式サイトで確認ができます。
<BIGLOBE WiMAXの公式サイト>


端末料金 登録手数料 月額(1ヶ月目) 月額(2ヶ月目~) キャンペーン特典 契約期間
UQ WiMAX 2,800円(Speed Wi-Fi NEXT W01) 3,000円 日割り 3,696円 なし 2年
BIGLOBE 無料 3,000円 無料 3,695円
24,000円キャッシュバック 2年

キャンペーンの評価

BIGLOBEからWiMAX2を申し込むと、端末料金や初月の月額が無料となりますので、UQ WiMAXや店舗、他のWiMAX系プロバイダから申し込むより料金を抑える事ができます。

kindle
また、端末料金や初月の月額無料以外にも、kindleのタブレットを契約後すぐにもらう事ができます。
こちらは利用料金とは関係ありませんが、kindleの利用を考えている方には刺さるキャンペーンです。私自身はキャッシュバックよりKindle目当てでBIGLOBEを選んだ経緯がありましたので。

また、kindle fire HDXは現在19,000円前後で売られていますので、関心がない方はオークションで売却すると相応の値段になると思います。

WiMAX2に限らず、プロバイダは1度契約をすると長く利用してくれるため、加入者を獲得するために、各プロバイダは、端末料金を無料にしたり、赤字覚悟のキャンペーンを打ちますが、体力のないプロバイダからこのレースに脱落します。

逆にBIGLOBEのような大手は、タブレット無料プレゼントやキャッシュバックなど2万円近いキャンペーンを出す事ができます。ユーザーとしては、このキャンペーンを上手く利用したいところです。

BIGLOBE WiMAX2のキャンペーン内容は変更されることがあります。
現在のキャンペーン状況は公式サイトで確認ができます。

BIGLOBE WiMAX2キャンペーン公式ページ


検証2:大手プロバイダの安心感

UQ WiMAXとBIGLOBEの関係

まず、UQ WiMAXとBIGLOBEなどのプロバイダの関係を簡単に説明すると、UQ WiMAXがWiMAX2+の回線を管理しており、BIGLOBEなどのプロバイダはUQ WiMAXの回線を借りて、プロバイダ事業を行っています。

プロバイダの安心感とは?

プロバイダの役割は、簡単に言うと利用者とインターネット(WiMAX回線)の間をつなぐ手続きをしています。このプロバイダの能力( 手続きのスピード)によって同じWiMAX2回線を利用しても処理速度に差が出ることがあります。

処理速度以上に差がつくポイントが、プロバイダのサポート対応です。契約から解約まで、窓口(トラブル対応や解約手続き等)が全てプロバイダになるため、対応のいいプロバイダを選びたいところです。

BIGLOBEは安心感あるプロバイダなのか?

あくまで私の体験談となりますが、WiMAX2+の処理速度はUQ WiMAXと全く差がありませんでした。
また、ルーターの設定や、契約後のサービスの使い方に関してもサポートセンターが丁寧に対応しくれます。

客観的な情報としては、BIGLOBEはWiMAXのプロバイダ事業をWiMAXサービスが始まって以来行っています。
BIGLOBE WiMAXのシェアは非公表ですが、UQ WiMAXや他のプロバイダより長年、安い価格でサービスを提供するキャンペーンを続けられている事を考えると、加入者は多いと考えられそうです。

加入者の数とNECグループという事を考えると、安心感があるという評判は正しいと感じます。
私自身もAtermWM3500Rから機種変更を3度して4年間利用していますが、WiMAX回線の質、サービス対応に問題を感じたことはありません。

検証3:解約手続きが楽

この評判は事実です。
私自身も解約手続きをしたことがありますが、BIGLOBEの場合、電話やオンライン上から解約手続きができます。時間にしたら5分かかりません。

WiMAX2+のプロバイダの中には、申し込みは簡単なのに、解約の手続きに電話申し込み+書面のやり取り等が必要で、解約手続きが完了するまでに1週間近くかかるプロバイダもいまだにあります。

最悪のケースだと解約手続に日数がかかり、翌月の解約扱いとなり、解約手数料が発生することになります。
プロバイダによっては、加入の際のキャンペーンで赤字を打っている分、解約手数料をなるべく取りたいと考えていますので、申し込む前に解約方法の確認はしておきたいところです。

BIGLOBE WiMAX2+の場合、解約は解約したい月の25日までに行いましょう。

また、Kindle無料プレゼントの特典を利用して申し込むには、「WiMAX 2+ Web広告限定特典ページ」経由の申し込みが必要です。違うページ経由での申し込みだと上記のキャンペーンが適用されないため注意が必要です。

<BIGLOBE WiMAX 2+ Web広告限定特典ページ>

このページの先頭へ